7/31(水)【第8回目古典読書会「幕末編!!吉田松陰と〇〇」】

読書会

7/31(水)【第8回目古典読書会「幕末編!!吉田松陰と〇〇」】

「歴史のふるいにかけられた世界で最も面白い本(古典)を学ぶ会」

課題図書を当日までに読み、

談義しながら数ヶ月をかけて学びを深めていく読書会です。

今回から幕末編のスタートです!!

〇〇の部分はご自身の興味があるところと関連づけた本をお持ち頂けたら、ますます楽しいかと思います。

吉田松陰を切り口にして、

みんなで幕末時代周辺を縦横無尽に深掘りしましょう!!

【日時】

『留魂録/吉田松陰著』

2019年7月31日(水) 19:00-21:00

現在の課題図書は吉田松陰著の「留魂録」になります。

どこの出版社のものでも構いません。

【場所】

セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ 新宿グランドタワー30F店

〒160-0023

新宿区西新宿8-17-1

住友不動産新宿住友グランドタワー 30F

最寄駅東京メトロ西新宿

http://www.segafredo.jp/shop_list/shinjuku-grand-tower-30f/

【参加費】

¥3000

参加料金は当日主宰者にお支払いください。

飲食代金は各自お支払いをお願い致します。

【内容】

誰が先生でもなく、古典が好きな方から、読んだことのない方まで、自分が古典を読んで感じたことを分かち合い、楽しみながら学ぶことに主眼を置きますので、古典を読まない方も安心して参加して頂けます。

古典をあまり読めないし、読んだこともないけれど、読めるようになりたいという方に、是非ご参加いただいて、古典を楽しく読めるようになってもらえたら主催者としては幸いです。

司会進行役として、夢実現応援家®️で作家の藤由達蔵氏にご参加いただきます。

【主宰者の想い】

この「古典を楽しむ会」では、皆さんに参加頂くことで、読書の一環として古典も日常的に普通に読むようになる習慣がつくことを意図しています。

参加いただくことで、世界最高峰の名著である古典を読むことになります。

古今東西、哲学から歴史から小説から、世界のありとあらゆる昔から今に残る最高レベルの書物を取り扱いますので、そうした古典を読むことで、私たちが今生きている世界を深く知ることにもつながることと思います。

また、一人で読み進めていくのはなかなか難しいのが古典ですが、こうした多人数でワイワイ言いながら学ぶことは、古来から現代の最先端の教育に至るまで、一貫して行われている古典の学び方で、

「多人数で学びを深める」という最高の方法なので、楽しみながら学びを深めていけることと思います。

タイトルとURLをコピーしました